正規店に修理を頼んだ時の失敗談

データがリセットされる可能性がある

正規店での修理の場合には一部分の故障の場合でも、他の部分に故障や不具合が発生していないかを確認することが多いです。修理が終わった後で不具合が発生しないかを確認するので、データを初期化してアクティベーションする必要があります。すべてのデータが消えるのでインストールしていたアプリやアプリ内のデータなどが消え、すべての写真と動画なども消えてしまいます。事前にデータやアプリのバックアップを取っていれば、修理後にiphoneが返却されてからデータを復元することが可能ですが、バックアップから復元できなければデータは消えたままになります。事前のバックアップを忘れて正規店に修理を依頼すると、データの復元は難しくなるので事前のバックアップが大事になります。

分解した場合や改造した場合には正規店で修理を頼めない

iphoneを一度でも分解などして修理をした場合や改造などをしている場合には、正規店では修理が依頼できなくなってしまいます。特に改造についてはハードウェアの場合でもソフトウェアの場合でも改造は規約違反になり、改造した形跡があるiphoneは修理を依頼する段階で断られることも多くあります。分解は個人で修理を試みた場合でも、非正規店で修理をした形跡がある場合でも、どちらの場合でも修理対応の対象外となります。これらの分解や改造の形跡が見られた場合には1年間の無償修理だけでなく、保証期間後の有償修理などもすべて断られます。一度でも分解や改造をすると、正規店では修理が依頼できなくなるという失敗談もあるので、自力で修理しようとして分解しないように注意が必要です。

iphoneの修理を銀座ですることができます。料金を高く払えばApple純正サービスを受けることができます。安く済ませられる修理店も沢山あります。