非正規店へ修理を頼んだ時の失敗談

液晶の交換をしてもらったら以前と異なる映り

iphoneの特徴の一つとしてスタイリッシュな外観があります。スマホはガラス面が多いので、落としたときの衝撃を減らすならカバーなどをつけると良いとされます。iphoneにカバーをつけるとせっかくの外観が見られなくなります。結構そのまま使っている人が多く、その分落としてガラスを割ってしまう人もいます。ガラスだけの交換なら映りに影響はしないでしょうが、液晶の交換を非正規店で行ってもらうときは注意が必要です。非正規店で扱っている液晶が異なり、純正と異なる映りになるときがあります。何となく薄い色合いに感じたり、黄色がかった移りになるときもあります。すべての非正規店で生じる現象ではないので、うまくお店を選ぶ必要があるでしょう。

カメラ部分の交換の時に確認したい点

iphoneは常に持ち歩き、比較的操作をしている時間も長いです。よく使えばそれなりにトラブルに遭う頻度も増えるかもしれません。だからこそiphone修理のお店がたくさんあるのでしょう。修理店の多くは非正規店で、メーカーが認可しているお店ではありません。部品も純正品ではないので、修理をしてもらった後はすぐに確認をした方がいいでしょう。カメラ部分が故障した時はレンズなどの交換をしてもらいますが、受け取るときにカメラ機能がきちんと動作しているか確認せずに受け取る人がいます。後でカメラ機能を使ったところもやがかかっているような写真になっており、おそらく交換したレンズに原因があるのでしょう。その場なら修理のし直しなどが依頼できるでしょうが、一度持ち帰ると難しいかもしれません。

iphone修理を仙台でする場合、冬場は時間がかかると想定しておくことも大切です。雪の影響で交通機関が乱れると、店舗へのアクセスや部品の取り寄せなど、あらゆる面で時間が必要になるので注意が必要です。