正規店に修理を頼むときに気をつけるべきところ

保存されてるデータを必ずバックアップをする

正規店で修理する際にはまずデータを初期化する場合が多いです。そのため、修理に出す前にデータをバックアップをする必要があります。お店側がバックアップを行ってくれることはほぼ100%ありません。修理後に戻ってきたiPhoneに修理以前のデータを取り込めるか取り込めないかはユーザー個人の責任となります。iPhoneのデータのバックアップとしてよく使われるのは、iTuneかiCloudのどちらかを用いる方法です。何らかの原因でどちらも使用できない場合でも、アプリや外付けのハードディスクを用いてデータをバックアップをすることもできるのでご安心ください。消滅してしまったデータは修理をしても戻ってくることはありません。修理に出す前に、適切にバックアップできているかどうかの確認を念入りに行いましょう。

各サービスのアカウントのIDとパスワードをメモしておく

修理後返ってくるiPhoneで以前利用していたサービスを利用する際今まではiPhoneに記憶させて自動入力にしていたIDやパスワードを1つ1つ入力していく必要があります。もし忘れてしまうと、また会員登録し直し真っさらな状態から利用し始めることになり、最悪の場合、iPhone内の電子マネーや課金したアプリのデータが消えてしまうことがあります。パッと頭に浮かばないものがあれば修理前に確認してバックアップデータの近くにメモとして残しておきましょう。アプリ内のデータの中にはアカウントに紐付けられていないデータもあります。もし不安な場合は修理に出す前にそのアプリの運営元に連絡をとって相談してみることをオススメします。

iphoneの修理を吉祥寺で依頼する流れが加速しています。それだけサービス内容に長けているからです。